WITHIN

  • 精油
  • 心の扉を開く香り・性機能障害・抑うつ イランイラン 5ml

  • 1,815円(税165円)

  • 心の扉を開く香り・性機能障害・抑うつ イランイラン 


    バンレイシ科のイランイランはモルッカ諸島など熱帯アジア原産の芳香植物で、高さが20mほどに達し、光沢のある葉とオレンジ〜黄色の舌のように細長い花をつけます。イランイランは、調髪用オイルや香水原料として古くから愛されてきました。そのエキゾチックな香りは、心身の緊張や不安を解き放ち、多幸感を与え、自信を取り戻す効果があります。この香りは「フローラル・ハイ」とも呼ばれ、心を開放し、自己肯定感を高める助けになります。また、性機能障害や抑うつ症状にも効果があり、心の健康促進に役立ちます。

    <商品のディテール>
    イランイランの精油は5mlの容器に詰められています。手作業による充填のため、多少の内容量の差が生じることがありますが、規定量は満たしています。

    <魅力的なポイント>
    ・自然な香りで心身の緊張や不安を解放し、多幸感をもたらす
    ・「フローラル・ハイ」と呼ばれる効果で、自信を取り戻し自己肯定感を高める
    ・性機能障害や抑うつ症状にも効果的で、心の健康促進に役立つ

    <具体的な利用シーン>
    ・リラックスしたいときやストレス解消に
    ・自己肯定感を高めたいときに

    <取り扱い注意事項>
    - 直射日光や高温多湿を避け、涼しい場所に保管してください。
    - お肌に直接使用しないでください。
    - 小さなお子様の手の届かない場所に保管してください。



    心の扉を開く香り  5ml

    原植物名: Cananga odorata
    産出国 : フランス領
    産出地域: バーボン地方
    抽出部位: 花部
    抽出方法: 蒸留法

    「花の中の花」と呼ばれる熱帯の花の濃厚な香り。
    過度な緊張をゆるめ不安な気持ちを解き放って安らぎと自信を取り戻します。

    <品質規格>
    EXTRAグレード
    精油の蒸留の際、留出の順に4ランクに分け、最初に留出するものをEXTRAグレードとしています。

    <精油主成分内容>
    ゲルマクレンD、β‐カリオフィレン、ファーネッセン

    バンレイシ科のイランイランはモルッカ諸島など熱帯アジア原産の芳香植物で、高さが20mほどに達し、光沢のある葉とオレンジ〜黄色の舌のように細長い花をつけます。ビクトリア時代には皮脂の分泌を調整し、育毛効果をもつ調髪用オイルとして有名なマッカサル油の原料として用いられた歴史があります。イランイランという名前の由来はタガログ語で「花の中の花」を意味するAlang Ilangを語源とし、ジャスミンにも似た濃厚で甘いフローラル調の香りを発することから古くから香水原料として用いられてきました。そのエキゾチックな香りの効果は心身の緊張や不安が強い人のブロックを解き放ち、多幸感を与えて本来の自信を取り戻させることから"フローラル・ハイ"とも呼ばれています。なお、同種のカナンガ(Cananga)の精油はイランイランの精油に比べて重く、繊細さに欠けるためアロマテラピーでは用いられず、石鹸の香料など香粧品の原料として用いられています

    ※5mLのエッセンシャルオイルも10mL用の容器を使用しております。
    ※手作業による充填のため内容量に多少の差が生じる場合がありますが、規定量は満たしております。
QTY