WITHIN

  • ハーブティ/アロマ
  • ローズマリー

  • 550円(税50円)
  • 若返りのハーブ

    学名: Rosmarinus officinalis
    産出国: スペイン・エジプト
    科名: シソ科
    使用部位: 葉

    若返りのハーブと呼ばれるほど抗酸化作用が強く、また血液循環を促進するため、全身の活力の低下や血行不良、リウマチなどに用いられます。

    樟脳のような力強いハーブ系の香りで、記憶力も増強します。
    目覚めの悪い朝や集中力が必要な時の力強い味方です。


    ローズマリーは古くから「若さを取り戻すハーブ」として、また「記憶力を増強するハーブ」として知られ、和名の万年郎も「永遠の青年」を意味するところから付けられたとされています。こうしたエピソードを裏づけるものとしてローズマリーにはロスマリン酸などの強力な抗酸化成分が見い出されています。ローズマリーは全身性のトニック(強壮)ハーブといえ、血液循環を促進する効果も顕著に表れます。ドイツでは食欲不振、胃アトニー、肝機能の低下、弛緩性の便秘など消化機能の低下や循環不全による活力の低下、それに神経性の頭痛に用いられます。また状況に応じてリウマチや神経痛に単独で、または補助療法として用いられます。ローズマリーはハーブティー、チンキ剤、湿布剤、入浴剤、ローション剤、シャンプー剤などさまざまな剤型で用いられ、アロマテラピーやバルネオテラピーでも繁用されます。ローズマリーはトニック効果が強いことと皮膚刺激を感じる人がいるためラベンダー(Lavandula angustifolia)などを緩和の目的で併用する場合もあります。
    ローズマリー
QTY