WITHIN

  • ハーブティ/アロマ
  • チェストベリー ハーブティ

  • 865円(税79円)
  • 女性のためのホルモン調整剤

    学名:Vitex agnus-castus
    科名:クマツヅラ科
    使用部位:実

    フラボノイドのビテキシンや精油を含み月経に伴うにきびやむくみ、高プロラクチン血症(黄体機能不全)や内膜症などに用いられます。

    ハーブ医薬品のプレフェミンの原料として使われています。

    ハーブティーで飲む際はスプーン山盛り1/2杯の量をつぶしてお飲みください。


     チェストベリーは古くから生理痛などの婦人科疾患に用いられてきた歴史があり、19世紀の米国ではエクレクティック派(折衷主義)の医師はチェストベリーを通経薬としてだけではなく催乳薬としても用いました。その後の科学的研究によればチェストベリーはホルモン中枢である脳下垂体に直接作用し、黄体形成ホルモン(LH)の分泌を増加させ、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を抑制します。これによって黄体の機能不全による月経過多や乳房の張り、水分滞留などの症状を緩和し、生理時のニキビや口唇の疱疹、ひざのむくみなどにも用いられます。また催乳ホルモンであるプロラクチンの分泌を増加させるため母乳の分泌を促す目的でも用いられます。なお、この作用のメカニズムはチェストベリーがドパミン受容体に働きかけるためと考えられています。チェストベリーは生理前症候群と更年期障害の両方に用いられますが、その他に子宮筋腫や子宮内膜症への適応が試みられ、またピルの服用中止後の自然な排卵の回復にも用いられています。
QTY