WITHIN

  • ハーブ
  • 抗うつ【セントジョンズワート(西洋オトギリソウ)】ハーブティ

  • 605円(税55円)
  • サンシャインサプリメント

    学名: Hypericum perforatum
    産出国: フランス
    科名: オトギリソウ科
    使用部位: 葉/花/茎

    抗うつ:サンシャインサプリメント

    生体リズムを調整することで知られ、心身の緊張や更年期の自律神経失調による不眠と軽度〜中等度の抑うつ症の改善に用いられます。


     毎年6月24日の聖ヨハネの日(St. John's Day)に収穫すると最も治癒力が強いと言われるセントジョンズワートは古代ギリシアの時代から傷の手当てや利尿、月経困難などに用いられてきました。

    近年になって悲嘆や絶望、恐れなどの感情や抑うつに対する効果が確認され大きな関心を集めています。

    暗い心に明るさを取り戻すことから「サンシャイン・サプリメント」と呼ばれ、実際に季節性感情障害(SAD)にも用いられています。

    セントジョンズワートの抗うつのメカニズムは当初モノアミン酸化酵素(MAO)阻害とされていましたが、セロトニン再取り込み阻害とする説など諸説が検討されており作用の中心となる成分もヒペリシン説やハイパーフォリン説その他の説が報告されています。

    セントジョンズワートの黄色い花を植物油に浸出せしめ、ヒペリシンを含む赤色色素を溶出させたセントジョンズワート油は外傷や火傷に外用したり、アロマテラピーの基剤として用いられ、他に外用のチンキ剤は消毒を兼ねて消炎、鎮痛の目的で用いられます。

    禁忌:インジナビル(抗HIV)・ジゴキシン(強心薬)・シクロポリン(免疫抑制薬)・テオフィリン(気管支拡張薬)・ワルファリン(血液凝固防止薬)・経口避妊薬
QTY