WITHIN

  • ハーブ
  • 不安、ストレス、不眠、神経衰弱・喘息【パッションフラワー】ハーブティ

  • 715円(税65円)
  • 植物性の精神安定剤

    学名: Passiflora incarnata
    産出国: イタリア、スペイン
    科名: トケイソウ科
    使用部位: 葉

    植物性のトランキライザー(精神安定剤)と呼ばれ、不安や緊張を鎮めます。

    精神不安や心身の緊張にともなう不眠や高血圧、過敏性腸症候群、頭痛や生理痛など痛みにも使われます。

    同じく鎮静効果のあるジャーマンカモミールとのブレンドがおすすめです。

    ジャーマンカモミール
    http://www.yourwithin.com/?pid=158030386

    不安、ストレス、睡眠障害、心臓病、喘息、注意欠陥多動障害に効果が期待できます。

    20g



     パッションフラワーは直訳すると「受難の花」となりますが、米国の先住民のチェロキー族やメキシコのアステカ族が用いた歴史が残されています。

    向精神性ハーブに分類されますが、作用が穏やかであるため小児や老人、更年期の女性などにも安心して処方できる「植物性の精神安定剤(トランキライザー)」として知られています。

    科学的研究によれば精神的な緊張やそれに伴う不眠を改善し、自発性の運動や神経性の頻脈を抑えます。

    また痛みの領域にも用いられ、頭痛・歯痛・生理痛などの激しい痛みを和らげます。

    パッションフラワーの効果のメカニズムは完全には解明されていませんが、ハルマンなどのインドールアルカロイドやビテキシンやアピゲニンなどのフラボノイド類の複合効果と考えられます。

    パッションフラワーは単独でも用いられますが、ドイツでは精神安定や不眠にレモンバーム(Mellisa officinalis)やバレリアン(Valeriana officinalis)とブレンドして、またマイルドな強心剤としてホーソン(Crategue monogyna)とブレンドして用いられます。
    パッションフラワー
QTY